7年間のオーストラリア・スローライフから、宮崎にスローライフをしに戻ってきました。 半分オージー?!の私と、オージーの旦那の生活です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい家族といっても、人間の家族ではない・・・。

とうとう、動物の家族ができた。

猫 Cat

ず~っとず~っと欲しかった猫。

名前は Nikki ニッキー。

サマンサとニッキーでかなり迷ってました。

二つとも、猫につけるのに5年前から決めていた名前。

サマンサ~、と結構長い。

ニッキーにしました。

nikki1.jpg

あるペットショップの入り口で、暑い暑い

猛暑の中ケージに入って、私の注意を引いた猫。

店の中は、5万円とかする高価な犬達はクーラーの中で涼しげだけど

1000円の里親探しの子猫と子犬は、ぐったりでした・・・。

一目見て、とっても活発なのが気に入り。

う~ん、買う?と二人で判断ができず、そのまま帰宅し。

次に日に、もしまだいたら運命だ!ということでペットショップに

いったところ、いました。。

即お持ち帰りで。


nikki2.jpg

生まれは、不明。道路に捨てられていたのを前の飼い主が拾い、

1ヶ月くらい育てたのか。

ちゃ~んとトイレのしつけができてる!

動くし、食べるし。

Nikki。私の家族です。
スポンサーサイト

【2010/07/23 18:33】 | 未分類
トラックバック(0) |

サマンサを
siorin
サンマと一瞬読み間違えて、猫にサンマか!
と思ってしまいました。
す、すぐ気づきましたよ、もちろん。

No Title
OM
猫、いいですね。私もいつか飼いたいけどオーストラリアにまた戻ってきた時かなあ。隣の猫がうちの洗濯物のカゴにピーをした。。。

No Title
minkey
siorinさん。
さんまか~。オーストラリアではよさそうだけど、日本じゃ呼ぶのが恥ずかしそうですね。。サマンサでっせ~。

Omさん
ピーはくさいですよね、猫って。でも、今やすごいですよ、日本の猫のトイレ商品って。におわない・・・。すてき。

No Title
keguri
いいね~実家にも犬と猫が5月からやってきたけど2匹とも韓国語の名前。姪っ子が付けたんだけど、そんな名前を80過ぎのおばあちゃんが読んでるのがかわいくって・・・笑  だってアイドルの名前なんやもん
ワシも猫飼いたいが、いつのまにやらヘタレになってもうた子供たち。産まれたときから一緒に生活させるべきやったわ(泣)

No Title
minkey
to keguri
韓国のアイドルの名前か~。姪っ子は進んでるね。。

コメントを閉じる▲
Renovation(リノベーション)、日本語では、リフォームという言葉に直されてますが。

英語ではこういいますよ!

そう、家の改装というか、色塗りを、暇だから・・・という理由で楽しむ私。。

古い家を親からもらい、というか、ちゃんと家賃としてお金ははらってますが、古すぎて

引っ越した当初は。

怖かった。。。

庭には、草がぼうぼうと生え、家の中は暗くて寒くて、古いにおいがし。

貧乏だけど、ここには住むのは無理だ!と、2週間かけてリノベーション。

その成り行きは、とってもおもしろかった。。。

最初は、父と旦那でゆっくりしよう・・・と、何をのんきなことを!と言ってたけど、

たまたま行ったホームセンターで、父の知り合いの建設会社の社長に会い、

旦那の笑顔と私の愛嬌?!で、「家が古くて、リフォームを考えてるのですが、

3部屋の床の張替えは、床の木材は自分たちで買うので、安くて○○円でしてもらえないですよね??」

とこっちから値段の交渉をし、「いいよ。。。」と一言返事で成立し、

父の弟にあたるおじが塗装業を営むので、

「おじちゃん!天井がちょっと汚いから3部屋塗ってもらうのはいくら??」

と値段を先にきくと、

「いいよ、ただで・・・」という成立になり、

そのおじちゃんの友達が、内装工事カンパニーをやっており、建設会社の社長に

3部屋の壁のクロス(壁紙)張替えは、いくらぐらいでやるようなものかを

先に調査しといたので、その内装屋に、

「この建設会社の方が、壁紙の交換1mだったら○○円でできるはずだ・・・とおっしゃったので、御社に見積もりを・・・」

とまた値段を先にいい、その値段で交渉成立し、

床にビニール製の、木の柄をしたフロアマットをひくと見栄えがよくなりそう・・・という

私と旦那の意見で、ホームセンターめぐりをしたときにフロアビニールを安くで見つけたので、

そのビニールを手に持ち、内装工事をしている方に

「あの~、あまった接着剤でいいので、これを床に3部屋張ってもらうには、1mあたり○○円という値段をネットで調査したんですけど、御社はやってもらえますか・・・?」

との交渉も、言った値段のまま成立。


外の草ぼうぼうの庭は、父の持つショベルで土を掘り返してもらったり、桑で

自分たちで雑草を抜き、芝生会社を営業する、父の友達に、半端ないらない芝生を

たくさんもらい。



2週間後の家は、見違えるほどきれいになり、インターネットや本などで、内装

にかかる値段よりも半分以下の値段でリノベーションを終え。

今は、ペンキを1缶買い、1部屋を真っ赤に塗っている私。

持つべきものは、友!

という言葉がありますが、そのとおりでしょう。

room.jpg

【2010/02/07 12:02】 | 未分類
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。