7年間のオーストラリア・スローライフから、宮崎にスローライフをしに戻ってきました。 半分オージー?!の私と、オージーの旦那の生活です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本に戻ってもう2年。

あっという間に時は過ぎるもんだな~とカレンダーをみながら

よく思う。

私の生まれ育った土地に戻ってきたはいいけど、なかなか

うまくいかないこともたくさんある。

小さいときは、な~んにも見えなかったこと。

みようとしなかったことが、こう、大人になると見えてくる。

このおばちゃんは優しかったよな~とおもってたのに、

いざ近所付き合いをすると結構お互いの性格の違いが

見えてきたり、このおじちゃんはあまり交流がなかったな~と

思いきや、実は他と混ざるのが嫌いな性格の人だとか。

今悩む問題がなん点かあり。

 ゴミ。

私はプラスチックのにおいがのどに詰まるので嫌だし、

燃やすのもめんどいのでちゃんと分別してゴミを

ゴミの日に出すほうだけど、燃やしたほうが簡単なんだろう、

田舎だから、家に焼却炉というかドラム缶にゴミを入れて燃やす

人がたくさんいて。

お互いが嫌な思いをするのは嫌だけど、私が我慢したくないし

こういうことを思う人間もいるのよ、と、私はちゃんと近所の

燃やす人に「すみません、あまりゴミを燃やすのを控えてほしい

んですが・・・」と、ちゃんとはっきり言うのだけど、

言われて嫌なんだろう。最近は近寄りにくいというのが

あからさまにわかる。かといって、もう燃やすのをやめたかと

いうと、今でも私の言葉を聞いていないかのように燃やし

続ける。これは町の役場に言って解決したほうがいいのかとも

思うけど、なんかごちゃごちゃなるだろう。予想がつく。

 もう一つ。

うつにかかった知人が近所を散歩するのだけど、散歩の

回数が半端じゃなく多く、私の家の前を通るとき家の中をよく

見られているのがちょっと嫌になり。それに、昔から知って

いる人なので、あまりにも違いにびっくりし。

かといって、その人の旦那さんも子供もどう対応して

いいのかわからないのが目に見えていて。奥さん、お母さん

が同じ時間に同じ行動をしているのをどうあつかって

いいのかわからないのだろう。逃げている。結構周りの

人たちもその人のうわさをしているのを聞いていて。

本人に言うのも気が引けて、その人の娘が同い年なので

気軽にメールで

「病気なのはわかるけど、散歩をしてはいけないとは

言わないけど、何かお母さんに

レクレーションとかそういうリハビリみたいなのがあれば

連れて行ってあげたら?そしたら近所を歩くよりも心が

晴れるんじゃ?」と。

そしたら、お母さんにこっちの気持ちも考えずに、出歩くな!

と伝えており、そのうつのお母さんから

「ごめんね~、あまり出歩かないようにするね」と。

いや、違うの。昔から知ってる叔母ちゃんのことを思って

何かいい手はないかね~って娘に言っただけ。

歩くな!ではないのだけども・・・。でも、もう

言うのも手遅れ。ちょっと嫌だな~と思ったのは

事実なんだけど。

すると、言ったことを近所の人たちにもばれており、

「なんでそういうことをいうの?」と逆に聞かれ。

いやいや、あなた達もうわさしてたでしょ。うわさを

するけど、どういう解決法をとっていいか娘に

聞いちゃだめなの?と聞くと、こういうのは

じっと見守っていたほうがいい。と。うつという病気を

調べてごらん、といわれたとおりに調べると、そのおばちゃん

は、確実にうつではないような病気。前頭側なんとか症状という

重い病気に近いような気がするのだけど。うつに間違われる

と書いてあるから、検査したほうがいいということを

これは言った方がいいのかな~。でも、聞いてもらえないのかな

と、どうしていいのかわからず。

う~ん、

 こう、いろんなことが空回りして、結構この地区にいずらく

なっている状況。思ったことを言うことがこんなに苦しい

なんて。

オーストラリアにいて、自分の気持ちを隠すことや言わないことが

ばかげてると、おいしいものはおいしい、おいしくないものは

おいしくない、嫌なものややって欲しくないものは、ダイレクト

ではないものの、ちゃんと主張するようになってしまって。

そして、言われた相手も嫌味に受け取らず、言ってありがとうと

いう態度もあったし、お互いの中がへんになることは

あまりなかった。

それが、日本という、奥ゆかしいというかじっと我慢する

国民性の人たちには、私という存在が結構煙いのだろう。

田舎はいいな~と思うこともあるけど、都会のように

お互いを気にかけずに、知らずにすごしていくほうが

気が楽なんじゃないか。あまり知りすぎた、知られすぎた

生まれ育った場所が、苦痛になってきた。 

2年間という日本生活で。これから先どうしたほうがいいのか

ちょっと考える時期になってきた。





スポンサーサイト

【2012/01/25 17:41】 | 生活
トラックバック(0) |


OM
私も自分が迷惑だと思ったら言うな。近所の犬がうるさくて、匿名で手紙を書いて、入れました。そうしたら犬を家に入れてくれて、静かになりました。近所の人は誰も言わなかったのだろうね。Auでは反対に、そんな手紙や、カウンシルからの注意くらいでは聞いてもらえません。。注意されるほうも気にしないんですね。

うちの大家さん、とってもいい人なんだけど、朝5時から吼える犬を連れて雪かき。2,3回やっていたらグレッグがすごい剣幕で怒鳴りました。私は、寝てましたが。グレッグに言ってもらったから、外人だし、男の人だし、結構さっぱり解決しました。

ただ、病気に関しては、あまり他人に口出しされるのは、日本ではだめかも。言われたほうもすごく重たく受け止めちゃうから。検査したほうがいいとかは、家族やよっぽど親しかったら軽く言えるけど、でも他人だったら言わないほうがいいと思う。


minkey
to OMさん
ん~、病気は確かに触れないほうがいい問題。ネットでその症状をみると、2年で死亡した人がいて。もし、2年後に亡くなってうつでした・・・と間違われ、もしかしたらこの症状をしってたら治療ができたのかもとかって思うと、なんか歯がゆくて。ものすごく微妙すぎて、もう放置してます。親に言っても親戚に言ってもほっておきなさいと。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。