7年間のオーストラリア・スローライフから、宮崎にスローライフをしに戻ってきました。 半分オージー?!の私と、オージーの旦那の生活です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語微妙な旦那は、誘われてのみとか行くことが

まだある。

外国人は、モテル期間が2年なんだそうだ。

もてなくなって、あまりちやほやされなくなって、あぁ、、

と帰っていく人が多い中、ちゃんと誘われてる。

誘われて、飲んで・・・だけじゃ済まさない旦那。

ちゃんと名刺を持っていき、隣に座った見知らぬ人に

英会話やってるぜ!とか、ピザつくってんだぜ!とか、

ちゃんとアプローチしてきて、予約があるときは

「この前、○○っていう飲み屋で知り合ったもんで

すが。。」みたいな電話も多々とあり。

この前は、また飲みの席で知り合った新聞社の人が、

お店に来て、旦那の写真を撮って記事にし、新聞にちっちゃくだけど

“オーストラリアから来ました。妻とピザ屋を○○地区で

やっており、家庭教師の英会話教室もひらいてます”と

出ており。。

それを見た、またまた、違う飲み屋で会った人が

新聞を拡大して自分の店に張ってくれ、なんか旦那つながりで

お店と英会話が浸透していきつつあって。。。

のん兵衛にはなって欲しくない私だけど、こうやって自分なりに

やってる旦那がすごい!というか、自分の武器につかってるのが

頭いいというか。

外国人が少ない私の街で、確かにこうやってやると目立つ。

それを的を得て営業活動してる旦那に感謝だ。。。

でも、飲むのはいやだとして、外出するのは

うらやましいぞ!!

地元なのに、あまり誘いがない私・・・。まあ、結婚して

子供がいる人が多いんだけど、10人くらいは独身者なのよね。

私に遠慮して誘ってくれないのかしら?と、結構モーション

かけてるのに・・・。私も、お茶とかしたいな・・・。

オーストラリアにいた頃のほうが、外出してる気がする。

ということで、もてない私ともてるだんな・・・。

まあ、PR活動よろしくお願いします。旦那。。
スポンサーサイト

【2012/03/28 19:27】 | 生活
トラックバック(0) |


titi
分かるっ!
KIE時代は結構楽しかったわね。
子供ができてから、夜の外出一切なしのワタシ。
送別会や、目標達成ご褒美お食事会に行くダンナが羨ましいの。


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。