7年間のオーストラリア・スローライフから、宮崎にスローライフをしに戻ってきました。 半分オージー?!の私と、オージーの旦那の生活です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月2日、父の誕生日。

もう60歳。母も「家で簡単で・・・」とか言ってたから、

そんなもんかな~とあまり何も計画をしたなかったけど、2ヶ月くらい前に

旦那から「何かしてあげようよ」とちょっと横やりがあり。

ランチと父の好きな飲み屋を貸しきってパーティーは?

母と弟を集め、こうする?ととんとん拍子に決まり。

会費制の、父の兄弟達に私達にと、総勢約30名くらいで、1時に開始

するランチを主催した。

日本は、赤いちゃんちゃんことか帽子とかを贈る、と、また旦那から習い、

そんなことも知らない私も私だけど、まさかもう父が60歳だなんて。

そりゃ言い訳か。。ま、実用的な赤い色のものを買いましょ。

プレゼントも弟と妹3人でお金を出し合い靴とシャツを買い。

ケーキも、母と妹と3人で作り。

2月5日の日曜日に、餃子レストランを貸しきって、買ってきた赤い

クッションの上に父を座らせ、みんなで書いた色紙にプレゼントに

ケーキにと、ワイワイの還暦祝いをしました。

2次会も、知り合いの人の経営するスナックを無理やり3時にあけてもらい、

孫と娘息子夫婦、家族水入らずでカラオケを歌い、父もだいぶ

うれしそうだったな~。

もう60歳か~。

私が小さい頃は、60歳というとじいちゃんの枠に入る年齢だったけど、

いざ父がその年になって、じいちゃんという感じもなく。

自分の親だからだろう。まだまだ現役で飲むし仕事するし遊びにも行く

父だから。年取った!という感じがあまりないのよね~。一緒に年齢を

重ねていくからかな~。

次は母。4月に60歳。何をしてあげましょうか・・・。





【2012/02/12 14:05】 | 生活
トラックバック(0) |


OM
いいですね。だんなさん気が利きますね。やっぱりお祝いするとうれしいもんですよね。健康で、家族に囲まれて、お祝いできることが素晴らしいことなんだなあと思います。おめでとうございます。次はお母さんですね。また、親孝行してあげてください。


titi
お父さんまだ60歳なんだ。若いね。
ウチはもう68歳です。
できるうちに親孝行、大事よね。




minkey
to OMさん
母の時は、妹に考えてもらいます・・・。父で、すごくプレゼントとか場所とか悩みました。。


To titiさん
自分も年取ってるんだろうけど、自分の親はなんかずっと一緒のような気がしますよね。。

コメントを閉じる▲
日本に戻ってもう2年。

あっという間に時は過ぎるもんだな~とカレンダーをみながら

よく思う。

私の生まれ育った土地に戻ってきたはいいけど、なかなか

うまくいかないこともたくさんある。

小さいときは、な~んにも見えなかったこと。

みようとしなかったことが、こう、大人になると見えてくる。

このおばちゃんは優しかったよな~とおもってたのに、

いざ近所付き合いをすると結構お互いの性格の違いが

見えてきたり、このおじちゃんはあまり交流がなかったな~と

思いきや、実は他と混ざるのが嫌いな性格の人だとか。

今悩む問題がなん点かあり。

 ゴミ。

私はプラスチックのにおいがのどに詰まるので嫌だし、

燃やすのもめんどいのでちゃんと分別してゴミを

ゴミの日に出すほうだけど、燃やしたほうが簡単なんだろう、

田舎だから、家に焼却炉というかドラム缶にゴミを入れて燃やす

人がたくさんいて。

お互いが嫌な思いをするのは嫌だけど、私が我慢したくないし

こういうことを思う人間もいるのよ、と、私はちゃんと近所の

燃やす人に「すみません、あまりゴミを燃やすのを控えてほしい

んですが・・・」と、ちゃんとはっきり言うのだけど、

言われて嫌なんだろう。最近は近寄りにくいというのが

あからさまにわかる。かといって、もう燃やすのをやめたかと

いうと、今でも私の言葉を聞いていないかのように燃やし

続ける。これは町の役場に言って解決したほうがいいのかとも

思うけど、なんかごちゃごちゃなるだろう。予想がつく。

 もう一つ。

うつにかかった知人が近所を散歩するのだけど、散歩の

回数が半端じゃなく多く、私の家の前を通るとき家の中をよく

見られているのがちょっと嫌になり。それに、昔から知って

いる人なので、あまりにも違いにびっくりし。

かといって、その人の旦那さんも子供もどう対応して

いいのかわからないのが目に見えていて。奥さん、お母さん

が同じ時間に同じ行動をしているのをどうあつかって

いいのかわからないのだろう。逃げている。結構周りの

人たちもその人のうわさをしているのを聞いていて。

本人に言うのも気が引けて、その人の娘が同い年なので

気軽にメールで

「病気なのはわかるけど、散歩をしてはいけないとは

言わないけど、何かお母さんに

レクレーションとかそういうリハビリみたいなのがあれば

連れて行ってあげたら?そしたら近所を歩くよりも心が

晴れるんじゃ?」と。

そしたら、お母さんにこっちの気持ちも考えずに、出歩くな!

と伝えており、そのうつのお母さんから

「ごめんね~、あまり出歩かないようにするね」と。

いや、違うの。昔から知ってる叔母ちゃんのことを思って

何かいい手はないかね~って娘に言っただけ。

歩くな!ではないのだけども・・・。でも、もう

言うのも手遅れ。ちょっと嫌だな~と思ったのは

事実なんだけど。

すると、言ったことを近所の人たちにもばれており、

「なんでそういうことをいうの?」と逆に聞かれ。

いやいや、あなた達もうわさしてたでしょ。うわさを

するけど、どういう解決法をとっていいか娘に

聞いちゃだめなの?と聞くと、こういうのは

じっと見守っていたほうがいい。と。うつという病気を

調べてごらん、といわれたとおりに調べると、そのおばちゃん

は、確実にうつではないような病気。前頭側なんとか症状という

重い病気に近いような気がするのだけど。うつに間違われる

と書いてあるから、検査したほうがいいということを

これは言った方がいいのかな~。でも、聞いてもらえないのかな

と、どうしていいのかわからず。

う~ん、

 こう、いろんなことが空回りして、結構この地区にいずらく

なっている状況。思ったことを言うことがこんなに苦しい

なんて。

オーストラリアにいて、自分の気持ちを隠すことや言わないことが

ばかげてると、おいしいものはおいしい、おいしくないものは

おいしくない、嫌なものややって欲しくないものは、ダイレクト

ではないものの、ちゃんと主張するようになってしまって。

そして、言われた相手も嫌味に受け取らず、言ってありがとうと

いう態度もあったし、お互いの中がへんになることは

あまりなかった。

それが、日本という、奥ゆかしいというかじっと我慢する

国民性の人たちには、私という存在が結構煙いのだろう。

田舎はいいな~と思うこともあるけど、都会のように

お互いを気にかけずに、知らずにすごしていくほうが

気が楽なんじゃないか。あまり知りすぎた、知られすぎた

生まれ育った場所が、苦痛になってきた。 

2年間という日本生活で。これから先どうしたほうがいいのか

ちょっと考える時期になってきた。






【2012/01/25 17:41】 | 生活
トラックバック(0) |


OM
私も自分が迷惑だと思ったら言うな。近所の犬がうるさくて、匿名で手紙を書いて、入れました。そうしたら犬を家に入れてくれて、静かになりました。近所の人は誰も言わなかったのだろうね。Auでは反対に、そんな手紙や、カウンシルからの注意くらいでは聞いてもらえません。。注意されるほうも気にしないんですね。

うちの大家さん、とってもいい人なんだけど、朝5時から吼える犬を連れて雪かき。2,3回やっていたらグレッグがすごい剣幕で怒鳴りました。私は、寝てましたが。グレッグに言ってもらったから、外人だし、男の人だし、結構さっぱり解決しました。

ただ、病気に関しては、あまり他人に口出しされるのは、日本ではだめかも。言われたほうもすごく重たく受け止めちゃうから。検査したほうがいいとかは、家族やよっぽど親しかったら軽く言えるけど、でも他人だったら言わないほうがいいと思う。


minkey
to OMさん
ん~、病気は確かに触れないほうがいい問題。ネットでその症状をみると、2年で死亡した人がいて。もし、2年後に亡くなってうつでした・・・と間違われ、もしかしたらこの症状をしってたら治療ができたのかもとかって思うと、なんか歯がゆくて。ものすごく微妙すぎて、もう放置してます。親に言っても親戚に言ってもほっておきなさいと。

コメントを閉じる▲
先日の台風。

宮崎も雨がすごかった~。風はふかなかったから

古いうちの家には影響なかったけど。

東京のある関東に台風いってしまって。

テレビでは、交通機関がとまったとか大変さを

報道してた。

ある人は、1時間の電車での帰り道を3時間タクシーを

待って帰ったとか。

テレビに映し出される、バス停でバスを待つ長蛇の列を

みると、ご苦労さん・・・とこっちまでかわいそうに

思った。

 今のテクノロジーは、IphoneとかIpadとかハイブリッドとか

全自動食器洗い機とか、エアークリーナーとかマイナスイオン

とか、いろ~~~~んなものがでてて。

こんなにハイテクだけど、台風きたら人間太刀打ちできない

のよね・・・。


 ハイテク、時代の先端、いろんなうたい文句で商品を

作るけど、自然と共有っていうものは作れないのかな~。


まあ、無理だろうけど。

人間も、テクノロジーや電気などにあまり頼り過ぎないほうが

いいんだろうけど、もう頼らなきゃいけないところまできちゃって

るから。

自然をそんなになめるな!ってことでしょうか。

【2011/09/24 18:02】 | 生活
トラックバック(0) |
今日は地区の敬老会があった。

70歳以上のおじいちゃんおばあちゃんを

公民館に呼んで、仕出しを取って、子供達の

踊りをみたり、民謡を歌ったりしながらお昼を

みんなで食べるという簡単なもの。

町からも補助金が出たり、地区費から出したりで

運営をしているこういう行事。

私の地区で22人の70歳以上の年の人がいる。

婦人部役員(役員選出の3月、時間ばかりが過ぎ

だれもなりたがらない役に立候補・・・)として

私も出席したのだけど。

私が小さい頃は、敬老会には多分小学生だけで

30人くらいの子供達が集まり歌をうたい、

肩たたきをし。

お年寄りの数もそう多くはなかった気がする。

和気あいあいとしていた。

今日は保育園から中学生までの子供達、たった

10人くらい。

いまや70歳以上は、日本の6人に一人だそうで。

でもって、もっと人口の多いと思われる

団塊世代がこういう年になると、どういうことに

なるか、今日仕出しをお年寄りに出しながら考えてみた・・・。

私の地区。私と同じくらいの年の人が20人いるかな~。

女10人男10人となるとして、そこから地区の地区長や

婦人部長や会計を毎年決めていくとすると、毎年いやでも

なんらかの役につくことになるのではないだろうか。

敬老会、日本の人口は下降し税金を納める人も少なくなる

のに比べ、年金のほうが払う率が高くなり。

敬老会の助成金なんかも国や町からまったく出ないという

ことも起きるだろう。

地区費も世帯数が少なくなるだろうから、額も少ないわけで。

地区費を上げるなんてことになりかねないのでは・・・。

でも、こういう敬老会は毎年やってきたわけで、自分達が

してもらえないのか!という反乱が団塊世代からでて

くるのだろうか・・・。

 かといってこの世代。この世代がいまのお年寄り達を

介護しているのだけど、精神的虐待、人体的虐待がおこなわ

れていたり、働かずに親の年金で暮らす人口も多いと、

今日の新聞で書いていた。

今からの将来、どんなことが待ち受けているのだろう・・・。

私が老人の年は、エイジドケアとかホームで幸せに暮らしている

・・・・なんて考えたことはない。

弱肉強食といってはなんだけど、そういう時代が来るのだろうか

と、今日のこういう光景をみていて、私は悲しくおもってしまった

のである・・・。

なんてネガティブな!!


【2011/09/18 21:11】 | 生活
トラックバック(0) |


titi
あたしも今から老後が心配よー。
旦那も私もいい年なのに、今から家を買ってローン終わらせることができるのか?
息子がいい子に育って、年寄りの両親を気遣ってくれるようになることを祈るのみよ。


minkey
to titiさん
私もオーストラリア戻ったら家を買わなきゃいけないのか・・・と思うと悲しくなります。高い・・・。

コメントを閉じる▲
まだまだ日差しは暑い宮崎。

普通にお昼は30度を越えているけど、日陰に入ると

涼しい・・・。

夜も、扇風機つけずに、朝近くになるとちょっと寒くて

旦那とシーツを引っ張り合いながら目覚める日が来た。

あぁ~、夏は終わりなのかな・・・。

今年も暑かった。旦那、がんばった。

蒸し暑い日本の夏をこうやって乗り切る旦那は、

今日も蚊にさされて痒そうです。。。

【2011/08/30 14:28】 | 生活
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。